給水管 更新

給水管の更新をする業者の探し方

生活に必要な水を使う場所には必ず配水管があり、配水管が使われない日は長期に家や建物を空ける時くらいだと思います。配水管は現在、ほぼ塩ビとよばれるプラスチックで作られ、耐食性に優れたもので、腐敗や耐火などにも強い素材となります。しかし物質である以上劣化はあります。また地盤の歪みや工事不良など、こちら側の責任ではない要因で更新せざるをえない事があります。給水管や水道管の工事には資格が必要になります。第一に水道局が指定する会社であるのかという点です。これは水道局が正しく会社の技術を認識しているという点で、外せない条件です。もちろんその会社に給水装置や下水道排水設備、管工事施工、水道技術と各技術者や管理者がいて、施行に当たる事も施工業者を決める重要な条件のひとつとなります。

給水管の更新は水道局の認可があるのかを見定める

水道工事、給水管の新規、更新工事を行うことは、生活の基礎を工事することです。ですから、国が資格だけでなく、工事に使用する材料も指定されており、給水管も同様に指定されています。だからこそ水道局の指定を受けている会社を探すことが重要になります。また給水管の寿命は15年から25年といわれています。これは現在使われている配水管が耐食性に優れたものであるので、劣化がゆっくりであるためですが、やはり長年使用していれば、内部にサビが発生します。またマンションの共有部分など、多くの水や排水が流れる場所では劣化が早くなります。このような配水管や給水管を放置すれば詰まりや赤水などの原因となりますので、注意が必要です。集合住宅の管理をしている方は、特に注意をしながら、管理をしていく必要があります。

給水管の更新はゆっくり考えて相見積もりをとる

給水管の更新が重要であるために、安さだけで選ぶことは非常にリスクの高いことになるのですが、ではどうすればよいのかと言えば、水道局で認可を得ているだけでなく、どれだけ資格を持っている職人がいるのかという点と一緒に、数社から相見積もりを取る事が大切です。水道関連の故障の多くは緊急であることが多くなるため、見積もりや比較、相談などができないまま、目に付いた業者に依頼することが多くなります。しかし給水管の更新であれば、急いでいても数日の猶予はありますし、新しい給水管を手に入れた時から、壊れた時の事をゆっくり考えることもできます。もっとも10年以上未来の事を考え始めることは難しいですが、そろそろと思った時に、一度見積もりだけでも取って検討をする方法もあります。もし精密な見積もりを出してもらうことがイヤであれば、概算だけでも見てもらえることができます。